団体信用生命保険vs民間の保険

更新】

フラット35で住宅ローンを組む場合、「団体信用生命保険(略して団信(だんしん)と言います)はどうしますか?」と必ず聞かれます。
もしくは聞かれず、フラット35の申込書類一式に団信の加入申込書も入っていてそのまま契約、ということも多いです。

団体信用生命保険(団信)とは

団体信用生命保険(団信)とは、フラット35の住宅ローンを受けられた方が万一のことがあった場合、契約に基づいて支払われる保険金によって債務を完済し、家族の生活基盤の安定を図ることを目的とした制度です。

銀行ローンでは生命保険は強制加入となっていて、保険料は住宅ローン金利に組み込まれており、別で保険料を支払う必要がない住宅ローン商品がほとんどです。

フラット35の場合には、団信に任意で加入するかどうかを検討する必要があります。民間の生命保険と同様に、三大疾病保障付の団信も用意されています。

  • 家を買う前から生命保険に入っているけど?
  • 家を買ったらまた新たに生命保険に入るってこと?
  • 住宅ローンの借入金額に充当できる保険金が支払われる民間の生命保険に加入していれば、万一の場合住宅ローンがなくなる団信に加入しなくてもいいんじゃないの?

そんな疑問をもったあなたは正解です!
家を買うときに得するポイント、それは、生命保険の見直しの絶好のチャンス、だということ。

家づくりコンサルティングでは、生命保険の見直しのご相談を受け付けています。詳しくは生命保険・火災保険相談のページをご覧ください。

団信と民間の生命保険の違い

民間の生命保険会社が取り扱っている収入保障保険という商品があります。
収入保障保険とは、死亡時に一時金をもううか、もしくは収入のように毎月保険金を受け取るか、という仕組みの商品です。

住宅ローンの月額支払い金額相当、毎月保険金を受け取る、という収入保障保険に入っておけば、万一の場合でも住宅ローンの支払いを心配する必要がなくなりますね。

団信と収入保障保険の違い

団信
特約料は、住宅ローン残高によるので毎年減っていく
収入保障保険
保険料は、契約期間中ずっと変わらない

団信と収入保障保険、どっちに加入するのが得なのか、例をあげてみましょう。

団信と収入保障保険、どっちに加入するのが得?

【例】

住宅ローン借り入れ額
3,000万円
返済期間
35年
住宅ローン金利
  • 10年目まで 1.75%、11年-20年 2.45%、21年-35年 2.75%
  • 住宅ローン返済月額 95,580円(-10年間)

団体信用生命保険(団信)
収入保障保険
  • 保障期間 35年
  • 受取年金月額 100,000円

団体信用生命保険vs民間の保険

この表で見ると、30歳で家を建てて団信もしくは収入保障保険へ加入した場合、契約年齢30歳の列、経過年数22年(表の★マークのところ)で、収入保障保険への支払保険料が団信の特約料よりも高くなります。

つまり、フラット35で住宅ローンを組んで繰上返済を行い、22年以内に住宅ローンを完済することができれば、団信に加入するよりも収入保障保険に加入するほうが得と考えることができます。

結局、団信と民間の生命保険はどちらが得なの?

家を建てる年齢やライフスタイルによって、団信を選択したほうがいいのか?民間の生命保険を選択したほうがいいのか?は異なります。

家づくりコンサルティングでは、年齢や生活スタイル、将来のことを考えてライフプランニングを行い、家を建てるときに一緒に保険の見直しのご相談も受けています。詳しくは生命保険・火災保険相談のページをご覧ください。

家づくりコンサルティング問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加