住宅ローンの審査基準とは?

更新】

住宅ローンの審査基準

住宅ローンの審査基準は、金融機関によって異なります。
だから、住宅ローン審査がAで通らなくてもBでは通る、ということが起こりえます。

いざ、マイホームの契約をしたら、次に住宅ローンの本審査を受けることになります。
金融機関での事前審査と違って、保証会社による審査です。

ここでのポイントは保証会社による審査には信用調査があるということです。

信用調査とは、個人の今までの行いを調査することです。たとえば、

  • ローンで返済が滞ったことがないか?
  • 消費者金融からお金を借りていないか?

などです。

住宅ローンの審査基準は何を見つけるために行うのか?

住宅ローンの審査を何の為にするのかというと、人のアラ探しのためです!!

金融機関は人の良いところを見ようとせず、悪いところを探します。そして、悪いところを見つけたら、審査アウトにするんです。

  • 生活に困ったら消費者金融にお金を借りる癖があるんじゃないか?
  • 借りたお金はちゃんと返す人なのか?

金融機関、保証会社はまずは疑ってかかります。もっとも注意しないといけないのは、保証会社に「ウソをついていた」または「情報を隠していた」と判断されてしまうことです。

これはマズイです!!

嘘つき人間と疑われたら嫌疑を晴らすのが大変ですよ!!審査申し込みの書類には、金融機関が知りたいすべての本当のことを記入するようにして下さいね。

「え?これも書かないといけなかったの?」なんてことのないようにしましょう!!
「ウソつくつもりじゃなかった!!」と言っても、言い訳に聞こえてしまいますから。

住宅ローン審査の申し込みは、自分でやらずに経験豊富な住宅営業マンなどに頼むと安心ですね。
住宅ローン審査について親身になって考えてくれる、優秀な住宅営業マンを紹介して欲しい方は住宅営業マンドラフトシステムのページをご覧ください。

住宅ローンの審査基準の目安

以下に審査基準の目安を記載します。金融機関、保証会社によって審査基準は異なりますのであくまでも目安です。

住宅ローンの主な審査基準
申込時年齢 20歳以上で、定期的な収入がある人。
完済時年齢 金融機関により異なりますが、80歳までとしているのが多い。
勤務先 会社の規模等を審査します。親族企業に勤めている場合は、会社も審査の対象とされ、3年間の決算書が必要書類に指定される場合もあります。
業種・職種 安定職種か不安定職種(危険職種)かを審査します。
雇用形態 給与のみか、歩合給制かを審査します。勤めていても源泉徴収票が出ない場合は、自営業者として審査されます。また、会社役員(経営者)は自営業者としての扱いとほぼ同じで、本人のみならず、会社の経営状況も審査対象です。
勤続年数 原則は3年以上ですが、同業種での転職(ヘッドハンティングなど)は審査のうえで多少多めに見てくれることもあります。ただし、自己都合退社の場合は厳しくなります。
年収・返済負担率 年収の何%の返済まで可能かを判断します。
返済負担率=年間返済額÷年収×100
返済額の想定金利は金融機関によって違います。原則としては200万円以上ですが、年収によって返済可能負担率が異なります。
一般的な例としては、
  • 年収 300万円未満・・・返済比率 25%以内
  • 年収 400万円未満・・・返済比率 30%以内
  • 年収 400万円以上・・・返済比率 35%以内
自営業者の場合は3期分の収入が審査の対象です。 3期の平均値としたり、直近の収入にしたり、最低時の収入にしたりと、銀行によって審査の基準が異なります
資産状況(預金等) 頭金や諸費用に充てるための自己資金がどの程度あるのかを審査します。
他の借入状況 クレジット・消費者金融でのキャッシングや、自動車ローンなどを個人信用調査機関を通して審査します。配偶者が収入合算などにより連帯債務者になる場合は、配偶者も住宅ローンの審査対象となるのでご注意を!
健康状態 団体信用生命保険への加入ができることが貸し出し要件になるので、告知扱いの生命保険加入審査があります。 フラット35は団信の加入はなくてもokです。

この審査基準を見て、住宅ローンの本審査が通らないかも。。。と不安になってしまった方。
住宅ローンの本申し込みを行う前に審査が通るかどうか、家の契約をする前に金融機関に事前審査をしてもらいましょう!

「家・土地の契約をしたのに、住宅ローンの本審査が通らなかったぁ~っ!」なんてことにならないようにしましょうね!

事前審査については住宅ローンの事前審査のページに記載しています。

「A銀行で事前審査が通らなかったから全部の金融機関で審査が通らない」ということではありません。
「B銀行で事前審査が通ったから、C銀行で借入れしようと思うけどC銀行でも審査は通るだろう」ということではないのです。

住宅ローン審査が通るかどうか不安な方は、複数の金融機関に事前審査を申し込むことで、複数の審査結果を元に住宅ローンの検討を行うことができます。
下記サイトでは、無料で複数の銀行の事前審査の申込書の一括請求サービスを行っています。
住宅ローンランキングにおいて上位にいる住信SBI銀行やみずほ銀行の事前審査も受けられます。

 住宅ローン比較と一括事前審査申込み

住宅本舗 住宅ローン比較と事前審査無料で一括申し込み

住宅本舗

また、住宅ローンの審査のことをいっしょにきちんと考え、相談にのってくれる人や住宅営業マンを探している方。
家づくりコンサルティングの詳しいサービス内容は『家づくり相談メニュー』のページをご覧ください。

住宅購入ライフプラン診断
2~3年以内にマイホームが欲しい方のために、ライフプランシミュレーションから身の丈に合った家づくり可能予算を把握し、無理のないマイホーム計画をサポートいたします。
住宅ローン相談
マイホーム購入を迷われている貴方、住宅ローンを変動金利か固定金利でお悩みではありませんか?ライフスタイルに合った最適な住宅ローンをアドバイスします。
優秀住宅営業マン紹介
ハウスメーカーで家を建てるなら、優秀な営業マンに担当になってもらうことはとても大切です。社内からもお客様からも評判の営業マンを無料・割引特典ありでご紹介いたします。
生命保険・火災保険相談
住宅ローンを組んで団体信用生命保険に加入するなら、今の生命保険を見直すチャンスです。生命保険を見直し最適な火災保険を検討し、家計に優しい家づくりを進めていきましょう。
二世帯住宅のお悩み相談
単身世帯よりも悩みが多く考えることも多い二世帯住宅。相続・住宅ローン・教育費… 二世帯住宅にまつわるお金の悩みをスッキリ解決します。
住宅ローン借り換え相談・診断
すでに家を建てられた方向けに、現在返済中の住宅ローン借り換え相談・診断を行っています。

家づくりコンサルティング問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加