住宅購入の流れ(新築一戸建・建築地あり)

更新】

「おしゃれなダイニングで夕食を家族で食べたい!!」
「明るいリビングでママ友とティータイムを楽しみたい!!」
「家族が楽しく暮らせる家にしたい!!」

新しいマイホームへの憧れが日増しに大きくなってきていることだと思います。

ちなみに、私が子供の時に住んでいた一戸建ては欠陥住宅でした(涙)。
夏、2階西側にあった私の子供部屋は、暑さと蚊の襲撃(建てつけが悪く網戸のすき間から入ってくる!!)でいつも寝不足でした。飼っていたハムスターは学校から返って来たら暑さで死んでいました(ガーン)。

家族のために、幸せな住宅購入をしたいですね。

住宅購入の流れ(新築一戸建・建築地あり)

画像:写真AC

今住んでいる家が古くなったので建て替えをしたい。
子供と二世帯住宅に建て替えたい。
空いている土地があるのでそこに新築したい。
土地を購入したので新築住宅の建築を考えている。

建築地があって新築一戸建てを検討されているときに、失敗しない家づくりの流れをお教えします。

住宅購入の一般的な流れ

  • 1. 予算を知る
  • 2. 情報収集のために資料請求と展示場見学
  • 3. 商談・契約する

よく住宅情報誌では「まずは情報収集!」って書いていますよね。
上記の流れでも2番目に「情報収集のために資料請求と展示場見学」と書きました。

でもこれが住宅購入の一番の失敗のもとだと言ったら、あなたはどう思われますか?

「じゃぁ、お前のこのホームページの存在意義はなんなんだ?」というお叱りを受けそうな内容ですね(^ ^;) 少し、私の経験談をお読みください。

情報収集に時間をかけてもムダなんです

真剣に家づくりの情報収集をしているお客様をたくさん見てきましたが、ほとんどの方が最後には同じようなことを言うんです。

「何を選んでいいか分からなくなってしまいました・・・。」
「疲れてしまいました。すこし時間をおきたいと思います・・・」

住宅展示場を廻ったり、カタログの資料請求をしたり、インターネットで調べたり・・・家づくりの情報収集に大変な時間と労力をかけて結果は皆さん同じ言葉を言います。

これって、当然の結果なんです。
だって、住宅購入に関する情報って「どんだけぇ~」て叫びたくなるほどありますから。
そうやって建てた家は「IKKO建て」(_ _)(少々古いですね・・・すみません。)。

インテリアのこと、建築法規のこと、資金のこと、間取りのこと、最新設備のこと・・・
それぞれに専門家がいるわけですから一朝一夕に情報収集は難しいのが現実です。

時間と労力をかけた割には決定打が集まらない
これが家づくりの情報収集の現実なんです。

うまくいく情報収集のコツ

それでは、どうしたら情報収集を効率よく行うことができて家づくりがうまくいくのでしょうか?

「情報収集は専門家に任せて、あなたは別の事に時間を使ってください!」
と私はアドバイスさせていただきます。

センスのある住宅購入の専門家を味方につけたら楽勝です。
センスある住宅購入の専門家って?・・・それにはタダでアドバイスしてくれる優秀な住宅営業マンです。

住宅営業マンは売り込みが多そう。
住宅営業マンにいきなり会うのはなんか怖いなぁ。
とくに優秀な住宅営業マンだと強引にだまされて契約させられるのでは?

そんな不安をもってしまいますよね?
だからとりあえず「住宅メーカーの資料請求をしてみる」「住宅展示場に行ってみる」ということになってしまう。

ご存知ですか?
住宅展示場に行ったりカタログ請求をすると、お客様アンケートを取得した住宅営業マンが勝手にあなたの営業担当になってしまうんです。
実は、これが一番怖い、もっとも家づくりを失敗するポイントなんですよ。

今の世の中、優秀な営業マンほど売り込みはしないです。
強引に契約を迫る住宅営業マンからマイホームを買いたいですか?買いたくないでしょ?
つまり売れている営業マンほどお客様の気持ちを理解し、強引は売り込みはしていない、という結果なんですね。

優秀な営業マンに当たるかどうかはまさにギャンブルです。
下手に情報収集すると、 イマイチな住宅営業マンに追いかけ回される可能性も高くなります。

そうすると、もう悲惨です。
強引に契約させられたり、住んでから後悔に気付く住宅を購入されられたりしてしまいます。

そうならないためにも、まず優秀な住宅営業マンを見つけて、情報収集は住宅営業マンにお願いするか、そこから自分でも調べてみるようにしましょうね。

家づくりコンサルティングでは、お客様が住宅営業マンとともに満足のいく家づくりができるように、無料で優秀な住宅営業マンを紹介いたします!

あなたの家づくりを成功に導く最強の住宅営業マンを探したい方は、住宅営業マンドラフトシステムをぜひご覧ください。

失敗しない住宅購入の流れ

では、どのような住宅購入の流れが良いのでしょう。
答えは、カタログ請求やモデルハウス見学の前に、専門家(住宅営業マン)を厳選することです。

  • 1. 家づくり可能予算を知る
  • 2. 住宅営業マンを厳選する
  • 3. ハイレベルな家づくり提案を比較検討する

この流れであれば、自分たちの予算に合った、しかも最高の住宅購入提案の中から、自分たちの希望に合った理想のマイホームづくりができますよ。

step1. 家づくり可能予算を知る

先日、ある住宅展示場にある「住宅ローン無料相談」でお客さまのフリをして相談に行ってみました(そのときの相談員のかたすみません)。
そこに座っていたのは○○銀行の行員でした。

私:「いくら住宅ローンが借りられますか?」
銀行員:「年収はおいくらですか?」
私:「○○万円くらいです。」
ある表を見ながら、
銀行員:「○○○○万円は借りることができますよ!」

これって銀行が貸してあげるっていう金額ですよね?
そうじゃなくて住宅ローン相談で知りたいのは、自分たちが、いくらまでの返済なら大丈夫なのかですよね。

生涯収支から考えよう

将来の収入はある程度決まっています。一生涯で出ていくお金はコントロールしましょう。

いくら収入が多くても支出がザルだったら、全然残りませんよね。
徹底的に抑えたい支出は保険や税金です。
この支出はボッコボコに凹ませましょう!!

ムダな支出を削減したら一生涯で使えるお金を超えないようにマイホーム予算を考えないといけません。

生涯収支

しかも、生涯住居費の中には 建築・土地購入費だけでなく、メンテナンス費や住宅ローンの利息も含みます。
マイホームを手に入れるために払う住宅ローンの利息ですからこれも生涯住居費になるんです。

ぜ~んぶ含めて一生涯で使えるお金の範囲に納まらないといけません。

人生の途中で赤字になってしまう

生涯収支だけが合っていてもまだ問題は残っているんです。
それは、人生の途中で赤字の時期がある場合です。
すなわち、貯蓄残高が将来マイナスになる計画も注意が必要です。

お子様の教育資金、車の買換え、家族で海外旅行等、一時期にたくさんの支出が集中してしまうと、たとえ生涯収支がプラスでも貯蓄残高がマイナスになることもあるんです。

貯蓄残高の推移

このように生涯収支と貯蓄残高の両方をクリアできる金額を知ることです。これはライフプランシミュレーションをするのがもっとも確実です。

エクセルなどの表計算ソフトを使ってシミュレーションをかけられると良いと思います。
なお、有料にはなりますが、以下のような場合は、家づくりコンサルティングではご相談を承っております。→住宅購入ライフプラン診断

  • 予算で失敗したくない(より確実にしたい)
  • パソコンは苦手

家づくりコンサルティングが行う住宅購入ライフプラン診断では、住宅購入希望者向けに独自で開発したシミュレーションソフトを使います。

このライフプランシミュレーションソフトは、家づくりコンサルティングが独自に開発したもので、家づくりの予算がシュミレーションできるソフトは実は当社にしかおそらくありません。

予算をより確実にしたい方は住宅購入ライフプラン診断のページをご覧下さい。

step2. 住宅営業マンを厳選する

家づくり可能予算を知ったあとは、いよいよ住宅メーカーと営業マン選びです。
しかし、さきほどもお話したように、下手なメーカーと営業マンにあたるのが一番怖い。資料請求は、失敗するメーカー選びの第一歩といえます。

では、どうやって自分たちの予算に合うメーカーと優秀な営業マンを選べばいいの?
ここは視点を変えてこのように考えてみます。
住宅営業マンをドラフト、つまり選別するんです。

ここで、家づくりコンサルティングが行っている優秀な住宅営業マンの紹介システムについてお話します。こちらは無料のサービスです。

希望の部屋数など、希望するマイホーム計画と、建築エリア(市区町村まででもok)、希望予算でマイホーム計画の提案をしてくれると言う住宅営業マンを募集します。

ここでポイントですが、募集する住宅営業マンは各メーカーの優秀な営業マンばかりでないといけません。

「その条件でマイホーム提案をします」という住宅営業マンは、希望の予算と間取りを提案できる自信があるということ。
提案してくれるという住宅営業マンの中から、自分たちのイメージに合うメーカーの住宅営業マンを選び、住宅購入のパートナーを数名決めます。

そして実際に建築地を見てもらい、自分たちの希望のプランを伝えたら各メーカーからマイホームの提案がでてきます。この中から住宅購入を決めれば良いわけです。

優秀な住宅営業マンの選び方は、住宅営業マンの賢い選び方住宅営業マンドラフトシステムで詳しく書いています。

step3. 比較検討する

住宅営業マンを数名厳選することができれば、あとは提案を比較検討していくだけです。
優秀な営業マンは、応対・知識・センスが抜群なので、どこにしたらいいのか、ものすごく悩むことでしょう。でも、これがまた楽しいんです。
比較検討の為には、実際に建っている家を見学したり、工場や建築現場を見て比べたいところです。

お任せするところが決まったら、住宅ローンの手続き、登記、地鎮祭の手配等、ほとんどすべて住宅営業マンがやってくれます。

あとは建物の完成を待ちましょう!!

新しい住宅購入の流れ

いかがでしたでしょうか。私の思う形で、新しい住宅購入の流れについてご説明させて頂きました。

実際、私は数多くの住宅営業マンに会ってきました。
そして、住宅営業マンによって、本当に住宅のよしあしが決まってしまうのだなぁと実感しています。

少しでも多くの方に、失敗なく、幸せな家づくりをしてもらいたい。それが私の願いでもあります。

もし、もう少し詳しく建築地がある新築一戸建て住宅購入の流れをお聞きになりたい方は家づくりコンサルティング株式会社までご連絡ください。家づくりコンサルティングの詳しいサービス内容は以下のようになっています。

住宅購入ライフプラン診断
2~3年以内にマイホームが欲しい方のために、ライフプランシミュレーションから身の丈に合った家づくり可能予算を把握し、無理のないマイホーム計画をサポートいたします。
住宅ローン相談
マイホーム購入を迷われている貴方、住宅ローンを変動金利か固定金利でお悩みではありませんか?ライフスタイルに合った最適な住宅ローンをアドバイスします。
優秀住宅営業マン紹介
ハウスメーカーで家を建てるなら、優秀な営業マンに担当になってもらうことはとても大切です。社内からもお客様からも評判の営業マンを無料・割引特典ありでご紹介いたします。
生命保険・火災保険相談
住宅ローンを組んで団体信用生命保険に加入するなら、今の生命保険を見直すチャンスです。生命保険を見直し最適な火災保険を検討し、家計に優しい家づくりを進めていきましょう。
二世帯住宅のお悩み相談
単身世帯よりも悩みが多く考えることも多い二世帯住宅。相続・住宅ローン・教育費… 二世帯住宅にまつわるお金の悩みをスッキリ解決します。
住宅ローン借り換え相談・診断
すでに家を建てられた方向けに、現在返済中の住宅ローン借り換え相談・診断を行っています。

家づくりコンサルティング問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加