中古住宅購入の流れ

更新】

中古住宅購入のおおまかな流れは以下のようになります。


  • 1.購入に向けて資金計画をたてる
  • 2.物件を探す
  • 3.住宅ローンの事前審査を受ける
  • 4.買付証明書と売渡承諾書を交わす
  • 5.売買契約書締結

中古住宅購入の場合には売買契約を結ぶ前に、購入したい、という意志を示す「買付証明書」というものが存在します。
また、売買契約を結ぶ前に、第三者の専門家による住宅検査(建物調査)を利用する人が増えています。→買ってはいけない中古住宅の見極めに詳しく書いています。

中古住宅購入の流れ

画像:pixabay

中古住宅購入の買付証明書とは?

新築住宅購入のときには出てこない「買付証明書」。買付証明書とは、売主に対して購入の意志を示すものです。
物件によっては、他の購入希望者に対して優先順位を確保するための証明書になります。

これによって売買契約の締結が拘束されるものではありませんので、後から撤回することもできます。

「申込証拠金」、と呼ばれるお金が求められることがありますが、これは売買契約のときの手付金とは異なります。
したがって、契約に至らなかったときには返還されるべきお金です。

ただし、この申込証拠金の返金をめぐってトラブルが生じることもあります。
買付証明書や申込証拠金の受取書の文面はよく読んで理解をしておくことが大切です。

買付証明書を提出する、ということは「売主に対して購入の意志がある」という証明になります。これを提出すると、物件に関連する多くの人間や会社が販売に向けて動き始めます。

不動産会社の営業マンが「とりあえず物件を押さえるために買付証明書を書きましょう!」と言ってきても、よく考えてから書くようにしてくださいね。
売主に対して不誠実と思われるような対応は極力避けるようにしましょう

中古住宅購入に向けて資金計画をたてる

いくらの中古住宅が購入できるのか?
予算はどのくらい考えておけばよいのか?
中古住宅でいくらぐらい住宅ローンが組めるのか?

まずは、あなたの家づくり可能予算を把握し中古住宅購入に向けて資金計画をたてましょう!


将来の収入はある程度決まっています。一生涯で出ていくお金はコントロールしましょう。

いくら収入が多くても支出がザルだったら、全然残りませんよね。
徹底的に抑えたい支出は保険や税金です。
この支出はボッコボコに凹ませましょう!!

ムダな支出を削減したら一生涯で使えるお金を超えないようにマイホーム予算を考えないといけません。

生涯収支

しかも、生涯住居費の中には 中古住宅の購入費だけでなく、メンテナンス費や住宅ローンの利息も含みます。
マイホームを手に入れるために払う住宅ローンの利息ですからこれも生涯住居費になるんです。

特に中古住宅の場合、住居の維持費・メンテナンス費用が早い時期に必要になる可能性がありますので要注意です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加