建売住宅と注文住宅、どっちがオススメ?

更新】

「建売住宅を買うのと、注文住宅にするの、どっちがおすすめですか?」
そんなことをたまに聞かれることがあります。

一般的には注文住宅に較べると建売住宅のほうが割安感があります。
夢のマイホーム、間取りにこだわりたい方や、気に入った設備を取り入れたい方には注文住宅のほうがおすすめです。

建売住宅 vs 注文住宅。それぞれ一長一短がありますので簡単にまとめてみましょう。

建売住宅と注文住宅、どっちがオススメ?

建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅とは、土地と住宅をセットで販売する新築分譲住宅のことです。

建売住宅のメリット

  • 注文住宅にくらべると割安なことが多い
  • 売買総額が初めに分かるので資金計画がたてやすい
  • 大規模なニュータウンのような建売住宅の場合、街並みが美しく整備されている
  • 建築済みの建物を見てから買えるため安心感がある
  • 契約が売主業者との売買契約のみなので、手続きが楽
  • 土地の場所や建物が気に入って納得できればオススメ

建売住宅のデメリット

  • 間取りや設備の自由度がない
  • 「こだわりの家」を建てることができない
  • 建築済みであることが多く、建築中の内部構造のチェックができない
  • 欠陥住宅でないかどうかが分かりづらい

注文住宅のメリットとデメリット

注文住宅とは、建築士やハウスメーカーに設計を依頼し、施工会社に建築してもらう住宅のことです。

注文住宅のメリット

  • 間取りや設備、内装・外装すべて自由に選べる
  • 「こだわりの家」、希望通りの住宅に仕上げることができる
  • 建築工事の過程を見て確認できるので安心
  • お金をかけるべきところ、かけないところ、を自分たちで決められる
  • 自分たちの「家づくり」を楽しめる

注文住宅のデメリット

  • 間取りの設計からインテリア、外装にいたるまで打ち合わせが多くなる
  • 土地購入の契約、建築工事請負契約など契約が複数になる
  • 支払いのタイミングが複数回に分かれるのでしっかりした資金計画が必要
  • 自分たちの「家づくり」に手間をかけられない人には不向き

家づくりコンサルティングでは、建売住宅がいいのか?注文住宅がいいのか?土地探しから資金計画に至るまでお手伝いさせていただきます。

家づくり可能予算を知る
住宅購入ライフプラン診断で、お子さまの進学、家計の見直し、保険の見直しなどトータルでご家族のこれからのご予定を考え、家づくり可能予算を算出します。
土地・建物を提案してくれる優秀な住宅営業マンのご紹介
住宅営業マン・ドラフトシステムで、あなたにとって優秀な、そしてあなたと相性のいい住宅営業マンをマッチング。
あなたに最適な土地のご紹介
家づくりコンサルティングは、宅地建物取引業者です。土地の紹介も行っています。あなたが選んだ優秀な住宅営業マンとともにあなたにとって最高の土地のご紹介を行うことができます。

家づくりコンサルティング問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加