住宅ローン借り換え相談・診断

更新】

超低金利の今、住宅ローン借り換えの大きなチャンスです!

とは言うものの、住宅ローンの借り換えするには諸費用もかかるし、選択する住宅ローンの種類によっては、今後の金利動向次第で不利になることもあり得ます。しっかりと吟味して決断しなければなりません。

  • 自分たちにとっての借り換えによるメリット・デメリットは?
  • 住宅ローンの種類は何を選べばよいの?

皆様それぞれの事情による上記のような疑問はありませんか?

家づくりコンサルティングでは、すでに家を建てられた方向けに、現在返済中の住宅ローン借り換え相談・診断を行っています。

住宅ローンの借り換えについてもう少し詳しく知りたい方は、住宅ローンの借り換えをご覧ください。

住宅ローン借り換え相談・診断のサービス内容

住宅ローン借り換えの相談はどの金融機関でも行っています。

家づくりコンサルティングの住宅ローン借り換え相談・診断は、他よりも充実している、と自負しています。

金融機関で行う無料相談では、借り換えをしたほうが返済総額が得になるかどうかシミュレーションしてくれます。でも、「5年後に500万円繰上返済をした場合には借り換えをしたほうが得なのか?」など、あなたのご家庭のライフプランに応じたシミュレーションはしてくれません。

住宅ローン借り換え相談・診断(ライフプランシミュレーション付)

¥5,400(税込)

住宅ローン借り換えシミュレーション
借り換えをしたほうが得か?をシミュレーション
あなたのライフプランにあった住宅ローンを選択
固定3年がいいのか?変動がいいのか?固定10年がいいのか?あなたのライフプランにあった住宅ローン商品をおすすめ
ライフプランシミュレーションで繰上返済も検討
早めの繰上返済ができるかどうかもライフプランシミュレーションで分かり、繰上返済を行って早めに返済ができる返済計画でも住宅ローン借り換えが得かどうかを判断

住宅ローン借り換え相談・診断の流れ

STEP1:住宅ローン返済予定明細表を確認・取得

住宅ローン残高や残期間が分かる返済予定明細表(償還予定表)は、契約をしたとき、金利が変更になったとき、繰上げ返済を行ったときなどに発行されています。
お手元に返済予定明細表(償還予定表)がない場合には、現在住宅ローン返済を行っている金融機関(電話やホームページなど)から取り寄せることができます。

STEP2:源泉徴収票・確定申告書の写しをご用意

給与収入の方は前年度の源泉徴収票、自営業など給与収入以外の方は直近2年分の確定申告書の写しをご用意ください。

STEP3:スケジュール確認、申込み

スケジュールより空いている日時をご確認の上、下の申込フォームからお申込みください。後日こちらよりご連絡いたします。

STEP4:メールで日程調整

下の申込フォームでご連絡いただきました候補日よりメールにて日程調整を行います。

STEP5:相談当日

当社・家づくりコンサルティング(大阪・淀屋橋)にて相談・診断を行います。STEP01「住宅ローン返済予定明細表」とSTEP02「源泉徴収票もしくは確定申告書の写し」をお持ちいただき、お気をつけてお越しください。

住宅ローン借り換え相談・診断の申込み

下のフォームよりお問い合わせ内容をご記入いただき確定ボタンを押してください。
は必須項目です。
こちらから後日折り返しメールもしくはお電話にてご連絡をさせていただきます。




ご希望のご相談日


  •  月



  •  日





  •  月



  •  日





  •  月



  •  日





  • このエントリーをはてなブックマークに追加